コトバJapan! 京都の暮らしことば の 記事一覧


 祇園祭の巡行に参加した古い記録があるものの、火事で焼失するなどの理由で途絶えてしまった鉾や山のことを、「休み山」や「休み山鉾」と呼んでいる。昔は「焼山(やけやま)」といっていたそうだが、昭和期に入ってから、郷土史家の松田元が復活への期待を込めて「休み山」と呼び、それが定着したという。

 現在、そんな松田氏や保存会の人が抱いてきた願いを、実現しようとする活動が活発になりつつある。まず、幕末の禁門の変で鉾本体を焼失し、1864(元治元)年以来は巡行への参加が途絶えていた「大船鉾」が、150年ぶりの復活を果たした。祇園祭には「船鉾」という、復活した「大船鉾」とよく似た鉾があり、これらはもともと対に意味を持つ関係だった。「船鉾」は「出陣船」として祇園祭前祭(さきまつり)に巡行し、復活した「大船鉾」のほうは、「凱旋船」として祇園祭後祭(あとまつり)に巡行するのが本来のあり方だったのだ。贅沢なことに、2014(平成26)年からは、蘇った大船鉾とともに後祭も復活し、前祭と後祭の巡行が二度行なわれるようになった。

 残る休み山は「布袋山(ほていやま)」と「鷹山」の二基である。布袋山は室町期の明応年間に巡行の記録が残る山で、現在は祇園祭の期間中、ご神体の布袋像と童子像を祀る「居祭(いまつり)」を続けている。一方、室町期の応仁の乱以前に巡行していた古い記録のある「鷹山」は、1826(文政9)年に大雨で懸装品(山や鉾を飾る幕)が損傷し、続けて禁門の変で残りの大半を焼失させてしまった。こちらも焼け残ったご神体と懸想品で「居祭」を続けてきたが、2015(平成27)年にお囃子が190年ぶりに復活し、2020年代の完全な再興に挑戦中だ。2017年には大火で一部焼損したお囃子の鉦をもとにし、新たな鉦の鋳造が進められている。祇園祭に京都を訪れた際には再興を応援するためにも、ぜひ居祭の会所も訪ねていただきたい。


復活を果たした大船鉾の山鉾建ての様子。ほとんどの柱や貫が真新しい。荒縄の綱絡みという伝統技法によって、釘を使用せずに固定している。


   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 君待つと わが恋ひをれば わが屋戸の 簾動かし 秋の風吹く

 強い想いを偲ばせたこの歌。万葉の女流歌人で天武天皇に嫁いだ額田王の歌で、一説に、天武天皇の兄である天智天皇に思いを寄せて詠んだものという。また、「すだれ」を意味する「簾」ということばが、日本の文献に初めて登場したとされる歌でもある。

 「すだれ」の語源には様々な説があり、最もそれらしい説は、葭(よし)や蒲(がま)を芯材とし、麻糸などで編んだものを「簀(す)」といい、これを「吊って垂らした」ところから「簀垂(すだ)れ」と呼ばれるようになった、というものだ。「すだれ」に似た、寺社仏閣で襖や障子の代わりにする「御簾(みす)」は、特別なしつらいの道具である。一方、葭や蒲を材料にした「すだれ」は、古くから庶民の生活道具として愛用されてきた歴史がある。

 京都らしい町家や長屋の夏の過ごし方は、密閉率の高い現代の住環境とはずいぶん違い、涼しく感じさせる演出があちらこちらに働いている。「すだれ」は、そんな涼感を演出する小道具としてなくてはならないものといえる。

 毎年6月に入ると、戸や窓を開け放ち、軒下には「すだれ」を吊す。2階の窓に吊っている「すだれ」は、日除けと目隠しを兼ねたもので、一年中吊ったままにしておくのが京都流儀である。また、1階の軒下に1/4丈ほどの短い「すだれ」が吊ってある。珍しいものではないが、何気なく見過ごしやすい。この丈の「すだれ」は、縁側への強い日差しを遮りつつ、外からの出入りをしやすくする。さらに、1階の縁側に座って2階を見上げたとき、上階の様子を視界から遮る機能も持っている。「すだれ」は、何気なく涼やかに、狭い住環境を機能的に活かすための便利な道具なのである。

 わずかに流通する琵琶湖産の葭でつくった「すだれ」が最高級品で、高級な料理屋や旅館などでは、京都風の風情を醸し出す小道具として珍重されている。最近は材料の入手が難しく、高価にもなったので、一般には入手しにくくなってしまった。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 人の集まりそうな至る所で「コンチキチン」と祭り囃子が溢れだす。「もうすぐ祇園祭やなぁ」とつぶやく時節になった。そもそも「コンチキチン」というのは「祇園囃子」の俗称でもある。

 祇園囃子とは、鉾の上で保存会の人たちによって演奏される祭り囃子で、主に竜笛(りゅうてき)や能管といった笛、太鼓、鉦(かね)で構成されている。囃子方のある山鉾町すべてが演奏する共通した曲と、町独自で継承している曲があり、巡行中の演奏する場所や時点が決まっている曲が多い。

 例えば、ゆっくりとした調子の「コンチキチン」は「地囃子(じばやし、奉納囃子とも)」と呼ばれる曲で、祇園祭の期間中に一番耳にするお囃子である。また、7月17日の山鉾巡行の時は、ゆったりとした調子の「渡り囃子」に始まり、山鉾が四ツ角にさしかかり、「さぁて、辻回しだ!」と力が入るときには「辻囃子」が演奏される。そして、帰り道にさしかかると、「もう一踏ん張り!」の気合いを入れるように、テンポの速い「戻り囃子」に変わる。一口に「戻り囃子」といっても、山や鉾それぞれの曲目が選ばれている場合もある。月鉾の「戻り囃子」の場合は、鉾の「月」に由来する曲などを含め、30曲あまりもの曲が演奏されているそうだ。

 ちなみに、「コンチキチン」という音は、金属製の「たらい」のような形をした鉦を、「鉦すり」というバチのような道具で打った時の音だ。鉦は中心部分を打つと「コン」と鳴り、鉦の内側の下のほうを打つと「チン」、下のほうを打って「鉦すり」を止めると「チ」、内側の上のほうを打つと「キ」と鳴る。これらの音の違いに独特の節をつけながら、「中心・下・上・下」と打ったとき、祇園囃子の「コンチキチン」という鉦の音が鳴るのである。


鉾に供奉する鉾稚児(ほこちご)を乗せ、巡行する函谷鉾(かんこぼこ)。昔は船鉾以外には生き稚児が乗ったが、今は長刀鉾(なぎなたぼこ)のみである。


   

京都の暮らしことば / 池仁太