コトバJapan! 池仁太 の 記事一覧

池仁太(いけ・じんた)
土曜日「京都の暮らしことば」担当。1967年福島県生まれ。ファッション誌編集者、新聞記者を経てフリーに。雑誌『サライ』『エスクァイア』などに執筆。現在は京都在住。民俗的な暮らしや継承技術の取材に力を入れている。


 京都市内には明治から大正、昭和にかけて建てられた、モダンな洋風住宅が数多く散在している。例えば、白川疎水の散策道の一角に静かに佇む「駒井家住宅」(左京区)。京都大学名誉教授・駒井卓(こまい・たく)博士(1886~1972)の私邸として、ヴォーリズ建築事務所の設計により1927(昭和2)年に建てられた。W.M.ヴォーリズが円熟期に手がけた代表作である。また、熊倉吉太良(くまくら・きちたろう、熊倉工務店)が手がけた民芸調の和風と洋風を折衷した独特のデザインの住宅をはじめ、戦前の京都で建てられた洋風住宅の多くは、東京や大阪のものとも異なり、独創的で見応えのあるものが多い。

 このような京都独自の洋風住宅を楽しむ上で、とりわけ大事な人物がいる。和と洋の特徴を調和させた「京都風」西洋館や洋風住宅の先駆けとなった建築家、武田五一(1872-1938)である。武田は明治期において、国内唯一の建築に関する官立大学教育機関であった東京帝国大学造家学科の出身。1903(明治36)年に京都工芸繊維大学の前身である京都高等工芸学校の教授として京都を訪れた後、1920(大正9)年に京都帝国大学に作られた建築学科で初代教授に就任している。その後、関西一円で仕事を続けた武田は、非常に多くの建築物を手がけ、京都には現存しているものが多い。なかでも、旧毎日新聞社京都支社の1928ビル(1928年建造)や、旧松風嘉定(しょうふう・かじょう)邸洋館の順正・清水店(1914年建造、現在はカフェ五龍閣)などが有名である。

 武田は貪欲に新しいデザイン要素を混在させた作風を、終生をかけて追求していった。そして、その作品にはいつも「和」の要素が感じられた。武田が京都風近代建築の先駆けと呼ばれてきた理由は、やはり、日本の伝統的な建築の蓄積の中に新しい試みを模索し続けたからなのだろう。ちなみに、NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年下半期放映)に登場し、独創的な発想を大声で主張し続けた人物『竹元教授』のモデルは、この武田である。

 一部ではあるが、武田五一の建築の足跡を、写真で垣間見て欲しい。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 「おお寒む」。粉雪交じりの寒い日には「かす汁」が一番のおかずである。食べ終わる頃には頬がほてって、手足もぽかぽかになる。酒どころの京都では、寒仕込みの新酒の時期になると、「板がす」も絞りたての新物が出回り、あれこれ銘柄を選びながら、手に入れられるようになる。「板がす」を食べてみるとわかるが、アルコールの強さや味の甘さ、飲み込むときのつぶつぶ感などで、銘柄によってずいぶん違い、「かす汁」の出来も大きく変わってくる。

 かす汁をつくるとき、「板がす」は結構かたいので、まず細かくちぎって「おだし」につけておき、柔らかくなってから摺りながら軽く練る。「おだし」はいろんなものが好みで使われているが、家庭料理ならば、昆布だしより鰹節をしっかり煮出したコクのある「おだし」が、かす汁にはよく合う。昔は、正月に食べた荒巻鮭の残りを「始末」するような意味で、頭やあらなどの部分をかす汁の「だし」に使う家が多かったそうであるが、最近の家庭では至って簡素な「かす汁」が多いようだ。具は短冊切りにして「おだし」で煮た「おだい(大根)」と「にんじん」、それに細切りのお揚げがあれば十分。味付けは塩味が基本で、汁の色が変わらない程度に「おしたじ(醤油)」を整える程度に加える。あとは芹(せり)を刻み、お椀に散らせば完成である。

 寒仕込みの酒かすと芹の共演が、春の訪れを告げる。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 日本中に膨大な社(やしろ)を数える神さま「おいなりさん」の総本社が、伏見稲荷大社(伏見区)である。いまや世界中から参拝客が殺到し、京都一の観光名所になっている。むろん、地元民にとって「おいなりさん」の初詣はお決まりであるし、2月初旬に行なわれる節分祭と初午大祭は、冬と春の分かれ目に、厄除けや招福を祈願する年中行事として定着している。

 さて、この伏見稲荷の門前菓子が味噌煎餅だということをご存じだろうか。白狐(びゃっこ、“狛狐”のこと)のお顔そのもののような「いなり面」の稲荷煎餅や、おみくじを中に入れた辻占煎餅などである。いかにも「土産物」風の形をした甘味煎餅であるので、駄菓子と勘違いした人がいるかもしれない。しかし、噛みしめたときの香ばしい胡麻と白味噌風味の混じりあう味わいはなかなかのもの。材料は、小麦粉、砂糖、白味噌、胡麻のみの素朴な生地で、これを一丁焼きの重い焼き型を使い、一枚一枚手焼きで仕上げている。卵を使っていないため、パリッとしたやや堅めの食感が特徴である。

 いなり面が伏見稲荷の門前菓子として定着したのは昭和期以降のことで、京都では比較的新しいといえよう。発祥は、岐阜県大垣市で江戸時代から営まれている味噌煎餅づくりを修行した職人が、伏見稲荷の門前に店を構えたのが始まりという。岐阜の煎餅との最大の違いは味噌で、もともとの赤味噌や麹(こうじ)味噌を京都風に白味噌に変えて使っている。現在、暖簾分けなどをした数軒が「きつね面」の煎餅屋を営んでおり、どの店も夕方には売り切れになっている。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太