コトバJapan! 経済 の 記事一覧


 「毎月末の金曜日は、仕事を早めに切り上げ、街に出よう」

 プレミアムフライデーが2017年2月から始まる。月末の金曜日、終業時間を早めるよう企業に呼び掛ける取り組み。狙いは個人消費の喚起。サラリーマンに買い物や家族との食事をゆっくり楽しんでもらおうというものだ。

 仕掛け人は経済産業省。経団連や、デパート、スーパーなど流通業界も加わって「プレミアムフライデー推進協議会」を設立した。官民で協力し、全国的、継続的な取り組みとなることを目指している。

 第1回目は2017年2月24日。2回目以降も原則として毎月末の金曜日に実施。推進協議会は国民運動にしようと意気込んでおり、統一ロゴマークまで作った。

 退社時間はまだ日が明るい午後3時を想定。土曜日、日曜日も休みをとれば、「2.5連休」。月曜日も有休をとれば「3.5連休」。ちょっとした家族旅行も可能だ。

 経済産業省によると、プレミアムフライデーはライフスタイルのあり方を変える意味で、安倍政権の看板政策「働き方改革」とも連動しているという。

 ただ、金曜日に早く仕事を切り上げることができるのは、ごく一部の企業や職場に限られるのではないか。ひがみかもしれないが、公務員や経団連傘下の大企業なら可能だが、一般の職場、中小・零細企業や町工場ではそんな余裕はない。

 また、「個人消費を喚起する」と言っても、給与所得は増えていないし、少子高齢化の進展で、将来の年金への不安も拭えない中で、庶民の財布のひもは緩まない。経済産業省には「企業の経営者には、会社に利益をため込む『内部留保』を減らし、社員の給与を上げることが先だ」と言いたい。

 プレミアムフライデーが実施されても、結局、サラリーマンのおじさんたちの月末金曜日は、早く帰って「家呑み」じゃないのか。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   



 アマゾンジャパンは、2016年12月5日、小型端末のボタンを押すだけで日用品を注文できる「アマゾンダッシュボタン」の販売を始めた。

 ダッシュボタンは横長(横6センチ×縦3センチ)の楕円形。右側にボタン、左側に商品のブランドロゴマークが印刷されている。

 例えば、冷蔵庫に貼り付けておき、ミネラルウォーターの備蓄がなくなれば、ボタンを押すだけで注文できる。実に簡単、これまでになかったサービスである。

 サービスの対象はアマゾンの有料会員「プライム会員」のみ。ダッシュボタンはアマゾンのサイトを通じて注文できる。ダッシュボタンの価格は500円だが、初回注文の商品代金から500円が差し引かれるので、実質タダ、というわけだ。気になる商品のラインナップは、12月5日の発表時点で40ブランド超。アマゾンのサイトに掲載されている。

 利用するにはスマホに加えて、自宅にWi-Fiネット環境が必要。ダッシュボタンを購入し、Wi-Fiにつなぐとともに、スマホに専用アプリをダウンロード。アプリで、欲しい商品の注文内容を設定する。注文の確認、変更、キャンセルはアプリを通じて行なうことができる。

 アマゾンジャパンによると、ダッシュボタンは、すでに米国、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスなどで販売されている。一足早く2015年に販売が開始された米国では、注文数が、前年比で5倍以上に伸びているという。

 ミネラルウォーターや洗剤、トイレットペーパー、コーヒーなど買い置きが切れそうになると、ボタン一つで商品が届くのは、とても便利。実店舗に足を運ぶ回数が減るなど、消費行動が大きく変わりそう。まさに流通革命だ。もっとも、普及すると「街中が配達のトラックばかりになりそう」との懸念も。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   



 1983年に誕生した「ファミコン」ことファミリーコンピュータは、ゲーム機の代名詞となった偉大な存在だ。コントローラの機能性、ソフトの多様さ、娯楽家電としてのタフネスさ(昨今の互換機の頼りなさとくらべてそれは明らかだ)。スマホのゲームが全盛のいまも、多くの「元・子ども」たちはファミコンにいとおしさを感じている。

 その「復刻版」ともいえるのが「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。往年のサイズを小型化した商品で、カセットを差すことはできないが、『スーパーマリオブラザーズ』『パックマン』『魔界村』『グラディウス』など、30タイトルの人気ゲームがあらかじめ入っている。

 11月10日の発売から品切れの状態が続いた。5980円との手頃な価格設定ながら、ネット通販ではその倍ほどで売られている。いまのところクリスマスシーズンにも再販の予定はないというから、任天堂も見通しが甘いのではないか。このニンテンドークラシックミニは、2017年発売予定の新しいハード「Nintendo Switch」にかつてのファミコンファンを回帰させる、いわゆる「販促」の意図があったようだが、下手を打てば任天堂のイメージを損なうことにもなりそうだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高