コトバJapan! マンデー政経塾 の 記事一覧


 北戴河は中国・北京近郊(約270キロ)にある河北省の保養地。海沿いにあり、この地で毎年夏、中国共産党の幹部と長老らが重要課題や人事について話し合うことで知られる。

 北戴河会議は党大会や中央委員会総会の準備的会合との位置づけだ。会議内容は公表されない。

 いつ頃から始まったかは不明だが、「水泳が好きで避暑のため当地によく滞在した毛沢東指導下ではないか。1950年代だろう」というのが通説だ。

 避暑地であることから、党幹部らが夏休み気分で集まる、というわけではない。水面下で激しい権力闘争や駆け引きが繰り広げられるというのだ。中国共産党の権力闘争の構図は(1)習国家主席(党総書記)の派閥、(2)江沢民元総書記の「江派」、(3)胡錦濤(こ きんとう)前総書記系の共産主義青年団(共青団)グループという、3つの派閥から成り立っている。

 とりわけ今年の北戴河会議は緊張感が増していたという。今秋に5年に1度の党大会(第19回)が開催されるからだ。党大会では、習近平政権2期目の指導部人事、習氏への権力集中を進める党規約改正などの取り扱いが焦点で、せめぎ合いが強まっているとの観測が専らだ。

 その一つが、会議直前の2017年7月14日に行なわれた孫政才(そんせいさい)・共産党政治局員の摘発だ。重慶市トップだった孫氏のバックには、江派や温家宝氏(胡錦濤政権で首相)がついていたとの見方もある。

 孫氏の後任には陳敏爾(ちんびんじ)氏(貴州省党委書記)が就いた。同氏は、習氏の浙江省勤務時代の部下だった。重慶市トップは首都・北京市トップなどとともに党指導部である政治局員が務めるのが通例。陳氏も指導部入りし、習政権の中枢を固めるものとみられる。習氏は同じく福建省時代からの側近、蔡奇(さいき)氏を北京市トップに抜てきしている。

 北戴河会議、秋の党大会を通して習氏は共産党指導部で、自派の多数派形成を推し進めるとみられる。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   



 インターネットなど情報通信技術(ICT)を活用し、自宅など会社以外の場所で働くことをさす。「tele」(離れた)、「work」(働く)を合わせた造語である。2016年、政府の「働き方改革実現会議」(議長・安倍晋三首相)がその推進を、目玉として掲げた。

 テレワークが普及することで、子育てや介護に携わる人が働きやすくなる。また、会社への通勤が不要になることで、通勤ラッシュや交通渋滞も解消することが期待される。自宅でリラックスして仕事をするためか、労働生産性も向上するとのデータもある。総務省によると、100人以上の企業でその導入率は13.3%。政府は2020年までに30%超の導入を目指す。

 働く身にとって期待度が大きいテレワークだが課題も少なくない。

 経営者側からすれば、労務管理をどうやって行なえばいいかの問題がある。上司の目が届かないことから「さぼろうと思えば、さぼり放題だし、一生懸命仕事をしていても評価してもらえないかも」との指摘がある。普及のためには、労働実績をどう評価するか、仕組みをつくっておく必要がある。

 上司や部下、同僚のコミュニケーションをどうやって確保するかも課題だろう。日頃、テレビ会議などで意見交換などをやっていても、やっぱり顔を突き合わせて話し合うことが欠かせない。

 社外の通信回線を使うことで機密情報が流出するリスクもある。セキュリティー対策も必要だ。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   



 政府が導入する新たな大型連休。公立小中高校の長期休暇を自治体ごとに分散させる方式をとる。導入は来年度(2018年4月)から予定している。一部自治体では、2017年中にも試験的に実施し、18年度から全国展開を目指す。

 新たな大型連休といっても子どもたちの「年間総休暇日数」が増えるわけではない。

 例えば、夏休みを5日間減らし、その分を春や秋などの平日にまわすだけだ。しかし、前後の土日を合わせると9連休ができあがる。「キッズウィーク」に合わせ親が休暇を取得すれば、家族でちょっとした旅行も可能だ。自治体ごとに休日を分散化させることで、夏の観光混雑も回避できる。

 政府は2017年の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)にキッズウィークを盛り込んだ。安倍内閣の看板政策である「働き方改革」の一環との位置づけ、導入促進に向け懸命に旗振りする。経済界にもキッズウィークに合わせた親の有給休暇消化促進を後押しするよう要請する方針だ。

 キッズウィーク導入の背景には景気対策の側面も見逃せない。新たな大型連休の導入で観光産業を中心に内需が上向くとの期待も大きい。観光以外にも新たに「キッズウィーク商戦」が起こるだろう。

 例えば塾産業。キッズウィークに合わせて受験対策の集中合宿のプランを設け、休暇のキッズたちを囲い込むことも考えられる。

 もっとも、自営業を営む親や零細企業のサラリーマンは満足に休暇をとれないのが実情だ。その場合、家で誰が子どもの面倒を見るのか。結局、小学生の子どもなら学童保育で休暇を過ごすことになりやしないか。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作