コトバJapan! 結城靖高 の 記事一覧

結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。


 フランスでは「国民食」といわれるほど知名度が高い冷凍食品ブランドの「Picard(ピカール)」。もともとは1906年、レイモン・ピカール氏が創業した氷屋が起源という。現在のような冷凍食品専門店のかたちとしては、1974年に産声を上げた。これまでにイタリアやベルギーなど、ヨーロッパ各地で1000店舗以上を展開しているという。

 流通大手のイオンとの提携のもと、昨年の11月より日本にも進出。青山骨董通り、麻布十番、中目黒と、ターゲット層がうかがえる立地での出店が続く。もとより国内の冷凍食品の市場は充実していて、高価格帯が消費者にどれだけ受け入れられるか、注目されていた。いまのところ評判は上々のようである。エスカルゴやフォアグラなど、フレンチのレストランでしか食べられないような食材には、やはり強い。本格的なコースがピカールだけで揃えられるところはかなりのウリだ。マカロンなどのスイーツの品揃えも色彩豊かで楽しい。

 我が国の食の業界において、フランス料理のレベルの高さはよく語られている。また首都圏の富裕層は、食材の質にこだわる傾向がある。ピカールの攻勢は、おそらくマーケティング的には手堅く、受け入れられる素地があったということだろう。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   



 近年、日本でも注目を浴びているマリンスポーツ「SUP」。「Stand Up Paddle(board)」の略で、サーフィンで用いるようなボード(もとは大型のサーフボードが用いられていたが、いまでは専用のものがある)の上に立ったまま乗って、パドル(オール)で漕いで海にすべり出す。バランスを保つ運動神経は重要だが、サーフィンほど技術的な難しさはないので、老若男女が楽しめるという。

 その起源には諸説あるが、有名なものは1960年代のハワイにおける「商売」から来たというもの。当時、波乗りの様子をサーフボードの上から写真に撮って、サーファーたちに売ることが流行ったらしい。やがて、板の上にいるだけでアクティヴィティとして素晴らしいことに気づき、地元の一部で親しまれた。その後いったんは廃れた文化であったが、かつてのことを覚えていた者たちが2000年代に入って復活させたらしい。

 競技スポーツとして、波に乗るパフォーマンスや、カヌーのようなレースがよく挙げられるSUPだが、それだけにとどまらない。無理のないペースで自然をクルージングするなど、楽しみ方には様々なアプローチがある。ボードの上で釣りやヨガをすることすら、SUPに含まれるスタイルだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   



 一昔前は「副業禁止規定」が普通のことであった。たとえば友人のビジネスを手伝うようなことがあっても、所属する会社にバレないように、こそこそやる気持ちが存在していたはずだ。しかし、終身雇用のシステムが崩壊した現代において、キャリアをすべて仕事先に捧げるのはリスクが高い。企業側でも、オフィスにいないときはどうぞご自由に、という姿勢をとるところが増えてきた(外で視野を広げて、それを社に還元してほしいと考えるところもある)。

 そもそも、必ずしも企業にいることが得策とは限らない。自分で起業したり、フリーランスになるという選択肢はどうだろう。重要なことは所属ではない。メインとなる仕事をしつつ、その専門性を活かして別の仕事をする。そうして仕事や人脈の幅を広げていく、未来に向けて自分の価値を上げ続けることが、いまを生き残る術なのだ(ということが、最近よく語られる。これも意識が高くてなかなかタイヘンではあるが)。

 この時代を反映して、一つの肩書だけで済ますのではなく、複数の肩書を同時に掲げるスタイルが増えている。ひんぱんに名刺交換しているビジネスマンであれば、並列型の肩書が多くなった実感は間違いなくあるはずだ。

 テレビでおなじみの例では、「医師(あるいは弁護士)/タレント」などが挙げられる。そのなかには、本業とまったく関係のないバラエティに出演する御仁も見受けられるが、それも立派な「営業活動」。ほかにも、「営業マン/ライター(あるいはブロガー)」のように、明らかに「(会社員)/(副業)」となっている肩書もある。日々のサラリーマンとしての体験をもとに、リアルな業界の問題などを、別のメディアに寄稿しているのだろう。

 これらは、肩書と肩書のあいだに/(スラッシュ)が入ることから、「スラッシュキャリア」と呼ばれる。もとは著名な経営者に対するコーチングで有名なマーシャル・ゴールドスミス氏の言葉である。この「/」は、ニュアンス的には「×」(かける)に近いと考えたほうがよい。異なる分野において掛け算の実力を発揮できる、他にはマネのしにくいキャリアであると、みずからのバリューの高さを主張できるわけである。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高