コトバJapan! 文化 の 記事一覧


 倉本聰が脚本を手がける高齢者向けの連続ドラマ『やすらぎの郷(さと)』(テレビ朝日系・平日12:30〜の20分枠)をこう呼ぶ向きがある。

 テレビの「ゴールデンタイム」にちなんだ(と思われる)「シルバータイム」だが、平日の昼12時過ぎを、いくら高齢者の方々は仕事や家事をリタイアしているケースが多いとはいえ、「シルバーなタイム」と断じてしまうのはいかがなものか……と、筆者個人としては思わなくもない。もっとシンプルに「シルバードラマ」で良いのでは?

 物語の舞台は、海辺の高台にある「やすらぎの郷」という名の老人ホーム。入園できるのは、かつてテレビ界で一世を風靡した芸能人やドラマの作り手だけという設定のストーリー。そこで起こる様々な人間模様がユーモラスに描かれる。役者には石坂浩二・浅丘ルリ子・加賀まりこ・有馬稲子・八千草薫……と、錚々たるメンバーを揃えている。視聴率は好調で、4月3日からの初週は平均7%台をマーク。他局の同枠の番組(日テレ系「ヒルナンデス」、TBS系「ひるおび」、フジ系「バイキング」)をおさえてトップになることもしばしばだ。

 最近、ドラマでは水谷豊・小日向文世・柴田恭兵・松重豊……ほか、「中年」と言うよりは「初老」俳優陣の活躍がにわかに目立っているが、露骨なシルバー向けドラマってやつは、これまで案外ありそうでなかったような気もする。あの弘兼憲史(ひろかね・けんし)センセイは、すでに20年以上も前から『黄昏(たそがれ)流星群』で、実験的な試みとしてシルバー層をターゲットとする漫画を描き続けているにもかかわらず、だ。この「遅さ」はやはり、とりあえず現時点ではまだ、一番マスなメディアであるテレビの宿命なのかもしれない。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   



 「娘さん、しっぽりしてきよったなぁ、最近。うちのキョロはほんま、なに考えてんのやら……はずかしいわぁ」。

 「しっぽり」は、大人びていたり、落ち着いていたりする様子を表す言葉である。もともとは、「しっとりと十分に濡れるさま」や「しめやかなさま」、あるいは「男女間の情愛のこまやかなさま、親密なさま」(『日本国語大辞典』)といった意味でも使われてきた。京都や奈良、和歌山などではニュアンスが若干変化した他の意味もあり、「熱心な」という意味で、「しっぽりきばってもろて、わるいなぁ」というような使い方もされていたそうである。なお、「キョロ」というのは、目をキョロキョロしているというところから「落ち着きのない人」という意味で、かわいらしさを加味しつつ使われることが多い。

 「しっぽり」の「大人びたしっかり感」がいきすぎて、厳しさが加わるほどになると、「しかつい」という形容になる。「おたく、この頃しかついこと言わはりますな」などという感じ。ちょっと皮肉交じりに注意を促すわけだ。また、「しっぽり」の対義として使われる言葉は、せかせかして落ち着かないという意味の「いらち」であろう。「ほんまにいらちやし、忘れもんせんといてな」という風に使う。標準語の「せっかち」と同じような使い方だろう。


峰床山(左京区)にて。


   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 歴史の楽しみ方は人それぞれだが、教科書を読むお勉強だけではつまらないだろう。武将ゆかりの地を訪れたり、貴重な刀剣を見たりする(ゲームの影響で昨今の流行りとか)ことで、紙の上だけの存在ではない、実際に生を営んだ人間たちの歴史が実感できるはずだ。

 ではたとえば、「食」というアプローチから歴史を知るのはどうか。室町時代、周防(山口)の大名・大内義興(おおうち・よしおき)が時の将軍・足利義稙(あしかが・よしたね)を大いにもてなした記録が残っている。ここから、山口商工会議所・山口名物料理創出推進会議が開発、地元の湯田温泉などに提供した料理が「平成大内御膳」だ。2010年のことである。全国各地にはこのような歴史的な食がまだまだあるはずだ。そのネットワークを作るべく、同商工会議所が提唱したのが「歴食」なる言葉の始まりとされている。

 公式サイト「歴食JAPAN」によれば、歴食は「歴史的なストーリーを有した、価値ある食」と定義される。文献などをもとに当時の味を再現したもの、またインスパイアされたメニュー(鹿児島・琴鳴堂の「縄文どんぐりクッキー」など)を食する。2016年に山口市、2017年に島根県益田市で「歴食JAPANサミット」も開催された。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高