コトバJapan! 文化 の 記事一覧


 2012年、ポプラ社より発刊されて以降、幼児から小学校低学年を中心に絶大な人気を誇り、シリーズ累計150万部を超える大ヒットとなっている児童書のこと。漢字で表記すれば「お尻探偵」。

 臀部に似ている顔をもつ名探偵「おしりたんてい」は「フーム、においますね」が決め台詞。ユーモアたっぷりの見かけによらず、とても上品、かつレディーに優しい紳士で、そのうえ、難事件をププッと解決しちゃうほど推理はキレキレの人気探偵……なのだそう。

 あまりの話題沸騰ぶりにアニメ化プロジェクトまでが今年5月末からスタートしており、すでにYouTubeから全世界に向けて「3分でププッとわかる!『おしりたんてい』予告編」が無料配信されているらしい。

 それにしても、『おしりたんてい』にせよ『うんこ漢字ドリル』にせよ、子どもはなぜこうも「お尻まわり」が好きなのか──を考える前に、児童書とは元来「子ども本人が買うものではなく、大人が買い与えるものである」という点に筆者は注目したい。

 もしかすると、子どもは内心、お尻より「お○んちん」とかのほうが、もっともっと好きなのかもしれない。が、“そこ”にはやはり、大人の検閲の目が光り、結果として“それ”よりは多少無難な、しかし子ども受けする「お下劣」の許容ラインギリギリ、すなわち「お尻まわり」へと、ヒットのコンセプトがおのずと行き着いたのではなかろうか? 単純に言葉尻が可愛いというのも売れている要因の、間違いない一つではあると思うが……?
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   



 「おくどさん」は「お曲突さん」と書く。「くど」とは「火処(ほど)」を意味しており、前後に「お」と「さん」を付けた最高尊敬語といえるだろう。今日では、火を焚く「かまど」や「かまど」のある場所を意味することばとして使われ、「町家の台所」みたいなイメージで受け取られている場合が多い。だが、本来はかまど神信仰に基づく神様を表したことばである。かまど神とは、「荒神(こうじん)さん」が「かまど」に宿るという民間信仰に基づき、「三宝荒神」を意味している。京都における「三宝荒神」は火伏せ神であり、家の守り神としても大切にされている。

 実際の町家に残っている「おくどさん」では、「かまど」のうちの一つ(通常は大かまど)を「三宝荒神」とし、神棚のように祀っている家が多い。昔はこの「かまど」には、神様の依り代(しろ)となる「榊(さかき)」を欠かさず、火を絶やすこともなかったそうだ。また、「おくどさん」にある「かまど」の数は、縁起の悪い「四」の数を嫌い、「三つかまど」や「五つかまど」、「七つかまど」などの形態が多い。また、「おくどさん」の蓋の形や焚き口には、火難除けの魔除けとして「猪(い)の目」などの装飾が施されている場合が多く、これは家や地域独特の模様となっている。

 今でも薪で火を焚いている「おくどさん」というのは、本当に少なくなってしまったが、昔は焼けるとよい香りを発する栗の皮などを一緒にくべて、「荒神さんを喜ばせていた」というような話を聞いたことがある。京都の町家では「おくどさん」にある荒神棚の伏見人形の「布袋(ほてい)さん」を七体揃え、開運、厄除け、火防(ひぶ)せなどの願いを込めるという風習がある。


愛宕神社の一の鳥居脇にある、あゆよろし・平野屋のおくどさん。


   

京都の暮らしことば / 池仁太   



 クワガタがリングの上でバトルする「クワレス」など、昆虫イベントを全国の子どもたちに届けているヒーローがいる。その名も「ミヤマ☆仮面」。ミヤマクワガタの化身であるマスクマンで、若き「クワガタ忍者」を従える。

 その生き様は、まさにヒーローと呼ぶにふさわしい壮絶なものだった。ミヤマ☆仮面こと垣原賢人(かきはら・まさひと)氏は、2006年に首のけがで現役を退いた元プロレスラー。幼少期からの趣味を活かして、ミヤマ☆仮面として新たな人生に踏み出すも、2014年に「血液のがん」といわれる悪性リンパ腫が発覚。病魔と闘う中で、筋骨隆々の体もどんどん衰えていった。だが希望は捨てない。ヒーロー不在の中、昆虫イベントを支えたのは、なんと垣原氏の中学生の息子であった。父のようなキャラクター、クワガタ忍者に姿を変えて。

 抗がん剤治療を終えた垣原氏は、いまだ闘病中ではあるが、再びミヤマ☆仮面のマスクを被った。息子との昆虫イベントのステージは、アイドルグループ「バクステ外神田一丁目」のメンバーである娘のMCで進む。それだけではない。今年8月には驚くべきことに、プロレスのリングにも舞い戻った。「藤原組長」こと藤原喜明(ふじわら・よしあき)と対戦し、敗北にほぞをかむその様子は、いまを生きる輝きに満ちている。家族にも、プロレス仲間にも愛されているといえよう。ひと昔前のヒーローと違い、ミヤマ☆仮面に孤独は無縁のようだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高