コトバJapan! 文化 の 記事一覧


 早春の2月頃に小輪で一重の花を咲かせる。椿の近種とされているが、植物分類学上の位置づけは定かでない。その理由は自ら種子をつくらないことに由縁し、良木の接ぎ木によって増やされてきたためである。白と紅の交じった花を咲かせるものが「侘助」、紅一色は「紅侘助」、白一色を「白侘助」と呼び、この三品種がよく見られる。このほか薄紅色のものを中心に、「有楽(うらく)」、「数寄屋」、「昭和侘助」などの種類がある。

 お茶会で使われる花を「茶花(ちゃばな)」というが、寒い季節に華やかな椿はたいへん重宝され、「茶花の女王」という異名をもっている。その中でも「侘助」は「千利休好み」といわれる特別な存在で、その控えめな美しさから「わび」「さび」の世界を置き換えて表現することのできる花だとされている。

 大徳寺塔頭(たっちゅう)である総見院(北区)には、日本最古の「胡蝶侘助(侘助の品種)」で千利休遺愛とされる、樹齢400年の「侘助」が生き続けている。京都で見かける侘助の多くが、この老木より接がれ、数百年、数十年と育まれてきた分身である。

 「侘助」という名称は、いかにもこの老木の来歴と深く関わりがありそうだが、詳しくはわかっていない。総見院の寺伝によれば、豊臣秀吉が千利休に与えた(もしくは秀吉が利休から譲り受けたという説も)と記されているそうだが、一説に千利休の下僕で茶人の「侘助」という人物からもらったとも、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったともいわれている。「侘び数寄」ということばが転訛したという説もある。どの発祥説も面白く、謎めいている。これほど風変わりな美しい花がほかにあるだろうか。


織田信長の弟で茶人の織田有楽斉にゆかりの品種「有楽」。東日本では「太郎冠者」と呼ばれることが多いそうだ。



白侘助。


京都の暮らしことば / 池仁太   



 2016年に公開された映画のランキングが各誌・各メディアで出そろった。『キネマ旬報ベスト・テン』第1位など、アニメ映画『この世界の片隅に』が席巻している。こうの史代(ふみよ)・原作、片渕須直(かたぶち・すなお)・監督による本作は、11月12日の公開とともにSNS上で高い支持を受け、客足を伸ばしていった(約3か月の興行で興収20億円を突破)。ヒロイン・すずを演じたのん(能年玲奈(のうねん・れな))は、芸能界のむずかしい事情から、多くのメディアで宣伝協力を得られなかった。だが、その熱演はたしかに観客の心を打った。のん無しでこの成功はあり得ただろうか。

 良質なものが売れるとは限らない、それが現実であろうが、小規模公開からスタートしたコノセカ(一部のマスコミにおける『この世界の片隅に』の略称)は今回、みごとに社会現象化した。異例のヒットの理由については、先に述べたヒロインのハマりようなど、様々な分析がある。当時の庶民の生活描写や、建築物などのディテールなど、「何度も観て確認したくなる」といった視点からのアプローチも多い。

 登場人物のなめらかな動きにも、アニメーション技術のこだわりがある。もちろん、なにもテクニックを見せびらかしたいわけではない。キャラクターたちが画面の中に生きている「実感」のようなものを表現するためだ。そのための手間を惜しんでいない。いろいろとビジネス的(予算的)には怖い選択をしているだろう。だが結果として、コノセカは興行的にも結果を残したのだからおそれいる。片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』が、打ち切り寸前から口コミで逆転した記憶がスタッフの中にはあったかもしれない。

 もう一つ、送り手以外からみたヒット理由を挙げるとすれば、やはり現状の世界の不穏な雰囲気であろう。戦争を知らない世代も、「知りたくない」世代というわけではない。漠とした世情への不安は、若者を無意識的に劇場に向かわせているのではないか。笑いの要素も多いエンターテインメントながら、日常が戦争に振れるとはどういうことか、声高でなくとも伝わってくるのが『この世界の片隅に』という作品であった。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   



 京都市内には明治から大正、昭和にかけて建てられた、モダンな洋風住宅が数多く散在している。例えば、白川疎水の散策道の一角に静かに佇む「駒井家住宅」(左京区)。京都大学名誉教授・駒井卓(こまい・たく)博士(1886~1972)の私邸として、ヴォーリズ建築事務所の設計により1927(昭和2)年に建てられた。W.M.ヴォーリズが円熟期に手がけた代表作である。また、熊倉吉太良(くまくら・きちたろう、熊倉工務店)が手がけた民芸調の和風と洋風を折衷した独特のデザインの住宅をはじめ、戦前の京都で建てられた洋風住宅の多くは、東京や大阪のものとも異なり、独創的で見応えのあるものが多い。

 このような京都独自の洋風住宅を楽しむ上で、とりわけ大事な人物がいる。和と洋の特徴を調和させた「京都風」西洋館や洋風住宅の先駆けとなった建築家、武田五一(1872-1938)である。武田は明治期において、国内唯一の建築に関する官立大学教育機関であった東京帝国大学造家学科の出身。1903(明治36)年に京都工芸繊維大学の前身である京都高等工芸学校の教授として京都を訪れた後、1920(大正9)年に京都帝国大学に作られた建築学科で初代教授に就任している。その後、関西一円で仕事を続けた武田は、非常に多くの建築物を手がけ、京都には現存しているものが多い。なかでも、旧毎日新聞社京都支社の1928ビル(1928年建造)や、旧松風嘉定(しょうふう・かじょう)邸洋館の順正・清水店(1914年建造、現在はカフェ五龍閣)などが有名である。

 武田は貪欲に新しいデザイン要素を混在させた作風を、終生をかけて追求していった。そして、その作品にはいつも「和」の要素が感じられた。武田が京都風近代建築の先駆けと呼ばれてきた理由は、やはり、日本の伝統的な建築の蓄積の中に新しい試みを模索し続けたからなのだろう。ちなみに、NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年下半期放映)に登場し、独創的な発想を大声で主張し続けた人物『竹元教授』のモデルは、この武田である。

 一部ではあるが、武田五一の建築の足跡を、写真で垣間見て欲しい。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太