2016年、画期的な「オフィス機器」が発売される。なんとオフィスで再生紙を作り出す装置を、セイコーエプソンが開発した。

 装置の名前は「PaperLab」(ペーパーラボ)。発表資料によると、使用済みの紙を入れてボタンをポンと押す。すると装置の中で機械的な衝撃で綿状の繊維に分解し、その後、結合素材を混ぜた上で加圧、再生紙として成形する。この過程でインクも取り除かれる。約3分で最初の1枚が出てくる。A4だと毎分14枚、1日8時間稼働させれば6720枚を生産できる計算だ。

 普通、A4の紙1枚を作り出すのにコップ1杯分の水が使われているがペーパーラボは水を一切使わない。コンセントにつなぐだけでいいのだ。コピー用紙や名刺用紙、色や香りがついた紙も生産が可能だ。大きさは横幅2.6メートル、奥行き1.2メートル、高さ1.8メートル。ちょっと奥行きのある事務棚という感じか。

 価格は明らかになっていないが、「10年間、一定量の紙を再生すればもとがとれる」という。

 導入先はオフィス用紙を大量に消費している大企業や役所だろうか。利点は書類の処分を外部に委託せずに済むこと。機密文書などはシュレッダーで裁断する必要もない。綿状の繊維質まで分解するからだ。

 現在、紙のリサイクルはオフィスで回収→工場に輸送→再生紙製造→販売業者に輸送→オフィスに再生紙を輸送──というサイクルだが、これが社内だけで済む。輸送の手間がかからない。

 エプソンといえばプリンターや複合機だが、それにしても独創的な機器を開発したものだ。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   


板津久作(いたづ・きゅうさく)
月曜日「マンデー政経塾」担当。政治ジャーナリスト。永田町取材歴は20年。ただいま、糖質制限ダイエットに挑戦中。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る