女性ファッション誌『non-no』の男性版として立ち上げられ、阿部寛・風間トオル・田辺誠一・マークパンサー・東出昌大(ひがしで・まさひろ)ほか、数々の人気俳優やタレントを輩出した『MEN’S NON-NO(メンズノンノ)』(集英社)が、今年で創刊30周年を迎えるらしい。

 ここ10数年、多くの男性ファッション誌が失速・休刊・廃刊の憂き目に合うなか、比較的好調な売り上げをキープしていると聞くメンノンであるが、その“息の長さ”の理由は、可もなく不可もないド真ん中の「キレイめカジュアルなドコンサバ」を、決してブレずに20歳~25歳くらいの男子たちに提供し続けてきた(対象年齢層もやはり決してブレず、ある程度の年齢に達した読者をどんどん“卒業”させ、新たなハタチ前後の読者を“入学”させていく繰り返しを徹底した)地道な積み重ねの賜物に尽きるのではなかろうか。

 ところで、筆者は東京都内で「メンノンを欠かさず読んでいる」という、いわゆる“愛読者”にまだ一度も出会ったことがないのだが、『an・an』『POPEYE』『LEON』……同様、しぶとく生き残っているファッション誌や情報誌の大半は、流行りの浮き沈みが激しい「都心集中型」ではなく、むしろ地方において未だ根強い人気を誇っているのかもしれない。いくら東京の人口比率が圧倒的だといっても、所詮は日本全国の10分の1を占めているだけに過ぎないのだ。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。