痩せていることがイコール外見の魅力というわけではない。だが、いまどきの若い女性、特に女子中高生は「シンデレラ体重」にあこがれているとか。この数値、専門家からは疑問視する声もある。

 シンデレラ体重は、「身長(m)×身長(m)×20×0.9」という式で算出される。エステティックサロン、たかの友梨ビューティクリニックが理想体重を称する表現として使い始めたようだが、本来掛け合わせる数字は「20」ではなく「22」だった(らしい。計算法を公にしているわけではなさそう)。こちらは医学的な「適正体重」の計算方法、「身長×身長×22」を厳しくとったという印象だ。しかしどういうわけか、「20」という数字が出てきたことで、「シンデレラ」になるための目標値はおそるべきハードルになった。たとえば平成27年度、高校三年生女子の平均身長は157.9cm。計算すると、シンデレラ体重は約44.9kgということになる。適正体重よりも約10kg低い。

 言うまでもないことだが、体重の単純な数値だけでなく、筋肉量などさまざまな要素がからみあって「美しいカラダ」となる。が、そうした正論を年ごろの乙女に伝えるのは、非常に困難だろう。シンデレラ体重は計算式の出どころもあやしげなのに、なかなか罪つくりな存在である。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る