穴があいてボロボロになったダメージジーンズ。もともとはハードなイメージのアイテムだったが、最近では海外のセレブが好むとあって、おしゃれ感度が高い女性のあいだにも人気である。こうしたダメージジーンズの世界にいま、とんでもない過激なニューフェースが現れた。

 その名も「ZOO JEANS Made by Animals」。茨城県日立市にある「かみね動物園」発の企画だ。来園者の増加を目指し、ボランティアグループ「みねこクラブ」がアイディアを出した。この「ズージーンズ」、動物園の猛獣たちにジーンズの生地と戯れさせ、爪や噛み痕などでリアルなダメージを作ってもらうというもの。何かの冗談に聞こえるが、本当の話である。ベンガルトラ、ライオン、エゾヒグマと、そうそうたる猛獣たちが「デザイン」を担当した。

 仕上がったズージーンズはヤフーオークションに出品され、特にライオンのモデルは15万円ほどで落札されたという。その利益は動物園とWWF(世界自然保護基金)に寄付された。話題性として上々の成功だろう。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。