2015年、フィリップモリス社から発売された「ヒートスティック型タバコ」の名称。嫌煙家が執拗に非難の対象とする「副流煙」や「臭い」の問題を解消するため開発された「電子タバコ」のたぐいは、これまでも少なからず世に出回ってきたが、どれもこれも結局のところ「愛煙家のタバコ代わり」として定着はしなかった。しかし、この『アイコス(iQOS)』は、「副流煙」や「臭い」への対策はもちろんのこと、デザイン性の高さや「コンビニでも購入できる」気軽さ、そして「従来の紙タバコと比べ有害物質が9割カットされている」という健康面への(それなりの)配慮……などから愛煙家のあいだでもブレイクの兆しを見せている。

 とは言え、近くでアイコスを吸っている人がいたら、タバコとはまたひと味違った独特な香りがほんのりただよってくるのも事実で、コレをタカ派の嫌煙家が簡単に許してくださるとも思えない。(ちなみに喫煙者の筆者ですら、この「独特な香り」はどうも好きになれない。ゆえにアイコスに手を出すことをつい躊躇してしまっている)

 「いずれアイコスは新幹線や飛行機の中でも吸えるようになる」なんて噂もよく耳にはするが、とりあえずはスタバやマクドナルドで「アイコスしている人」を見かけることができない現状から判断するかぎり、愛煙家と嫌煙家の壁が取り払われる平和な時代の到来は、まだまだ遠いような気がする。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る