高速道路といえば、その最高速度は現行で100キロ。警察庁は、これを条件付きで120キロに引き上げるという。引き上げは1963年に日本で初めて高速道路(名神道)が開通して以来初めてのことだ。ただ、大型トラックの最高速度については、現行の80キロに据え置く。

 とりあえずは、2017年にも2か所(岩手県の東北道、静岡県の新東名高速道路)で110キロで試行する。安全性などで問題がなければ、その後、他の高速道などにも順次対象区間を広げる。速度も120キロに引き上げていく。道幅や路肩が広く、カーブや勾配が少ないなどの区間が規制緩和の条件。具体的には、東北道、関越道、常磐道、新東名、東名、東関東道、九州道の一部区間が検討されているという。

 それにしても、なぜ最高速度を引き上げるのか。報道によると、大半の車が、実際に規制速度を超えて走っている実情を勘案したという。引き上げで、渋滞が緩和されるということはないとみられる。

 裏を返せば、取り締まりを強化し、120キロを少しでも超えれば、確実に摘発する可能性もある。

 いくら最高速度の限度が上がったとはいっても、スピードの出し過ぎは慎みたい。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   


板津久作(いたづ・きゅうさく)
月曜日「マンデー政経塾」担当。政治ジャーナリスト。永田町取材歴は20年。ただいま、糖質制限ダイエットに挑戦中。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。