今回はノストラダムスや超常現象のたぐいが好きだった向きにはそそる話。『新約聖書』における「ヨハネの黙示録(アポカリプシス・イオアノ)」をご存じだろうか。その記述によれば、いわゆる「最後の審判」の前には、神の遣いが7度ラッパを吹き鳴らすとある。ラッパが吹かれるたびに災厄が起こり、ついに7度目に至ったとき、世界に終末が訪れる……。

 最近、どこからか低く轟(とどろ)いているような謎の音が世界中で報告されるようになった。それはよく「金属がこすれあうような」という表現で説明される。SF映画でUFOが近づくときの効果音が近いだろうか。もしかして、これはくだんの「ラッパ」にあたるものではないか。人類の終焉が近づいているのでは? そんな恐怖を込めて、この謎の音は「アポカリプティック・サウンド」と呼ばれることが多い。

 音の正体については諸説乱れ飛んでいる。フジテレビ系のバラエティ番組『世界の何だコレ!?ミステリー』でも採り上げられ、「地球は地球自体からある電波が出ている。その電波を音にするととても奇妙な音色になる」(※番組での英文訳のテロップ)というNASA(米航空宇宙局)の見解を紹介。いずれにせよ、このたぐいの話は、ハッキリしないうちがオカルティックで楽しいのではないか。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。