まずは、以下の文章をお読みいただきたい。国枝史郎(1888~1943)の短編小説『甲州鎮撫隊』(1938年)の一節である。

 「『松本先生には、君は、一方(ひとかた)ならないお世話になった筈だ』『現在(ただいま)もお世話になっております』」

 「松本先生」というのは、幕末・明治の医師で、初代陸軍軍医総監となった松本良順、そして、その「松本先生」の世話になっているというのは、新撰組隊士の沖田総司(おきたそうじ)である。『甲州鎮撫隊』はこの沖田総司の最期を描いた作品なのだが、この引用文のどこに注目していただきたかったのかというと、「一方ならないお世話」という部分についてである。と言うのも、私だったら「一方ならぬお世話」と言うはずだからだ。意味は、一通りでない、尋常一様でないということである。
 「一方ならない」と「一方ならぬ」、「ない」と「ぬ」はともに否定の助動詞であるが、どのような違いがあるのだろうか。
 その前に「一方」について触れておくと、この場合は「ひとかた」と読み「いっぽう」とは読まない。普通であること、一通りという意味である。
 この「一方」に断定の助動詞「なり」の未然形「なら」がついて、さらに打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」がついたものが、「一方ならぬ」である。この場合、「なり」も「ず」も古語なので、「一方ならぬ」も古語だといってよい。そう考えると、「一方ならぬ」という言い方自体が日常語ではなくなっているとも考えられる。だから、本来の言い方がわからなくなってしまい、打消の助動詞「ず」に相当する現代語の助動詞は「ない」なので、冒頭の引用文のように「一方ならない」という言い方が生まれてしまったのかもしれない。だが、古語「なり」に現代語「ない」を接続させるのは無理がある。
 ただ、日常語としてはあまり使われなくなっていることは確かだが、礼状や年賀状などでは今でも使われることが多い。「一方ならぬ〔お引き立て・ご高配・ご愛顧・ご厚情・ご支援・ご用命・ご協力・ご指導〕を賜り(あずかり・いただき)」などのように。「一方ならない」を完全な誤用と切り捨てるつもりはないが、やはり改まった場面で使われることの多いことばなので、「一方ならぬ」を使った方が無難であろう。
 なお、最後に一言お断りしておく。国枝史郎の文章を本来の言い方とは違う例として引用したが、だからといって国枝のこの作品の価値を否定するつもりは毛頭ない。国枝は『蔦葛木曾桟(つたかずらきそのかけはし)』『神州纐纈(こうけつ)城』といった伝奇小説を数多く書いているが、『甲州鎮撫隊』にはそのような伝奇的な色合いは見られないものの、沖田総司の死と彼を巡る二人の女性の葛藤を描いた佳品だと思っている。

●神永さんの新しい本が出ました!
辞書編集歴39年のことばのプロが教える、ビジネスに効く厳選309語! 仕事相手に良く思われたい、上司に気に入られたい、仕事ができると思われたい……そんなすべての社会人の方に向けて、辞書編集歴39年の著者が厳選した309の語彙を丁寧に解説!
『教養ある大人になるための 一生ものの語彙力』、ナツメ社から発売中です!

●神保町で講演会開催!
「“辛党”が好きなものは何?」「世間ずれは“ずれ”ているわけではない」「灯台もと暗しの“灯台”って何?」――神永さんがおかしな日本語を解説!

小学館神保町アカデミー
「日本語、どうでしょう?辞書編集者を悩ます“おかしな”日本語」

■日時:2019年6月6日(木)18:30~20:00
■場所:小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル
(東京都千代田区神田神保町2-18)
■受講料:3240円(税込)
くわしくはこちら→https://www.shopro.co.jp/koza/list/
申し込みはこちらから→https://fs224.formasp.jp/g383/form1/

キーワード:


 私が編集にかかわった『日本国語大辞典』(『日国』)には、5千点近い図版(挿絵)が収録されている。第二版では動植物を中心に増補したが、初版からのものは過去の文献に掲載されているものを参考に、新たに描き起こしたものがほとんどである。過去の文献によった図版は、本文中の例文と同じように、キャプションに参考にした文献名も添えている。
 私はこれらの図版はほとんど担当することはなかった。だが、ゲラを読むときに、時々出てくる図版を見るのは、ちょっとした息抜きになっていた。そしてお気に入りの図版もいくつかあった。今回はその一つをご紹介したいと思う。
 それは「悪玉(あくだま)」という項目の図版で、山東京伝作の黄表紙(きびょうし)『心学早染艸(しんがくはやぞめぐさ)』(1790年)からのものである。
 下に示したように、顔が「善」「悪」の文字になっている人物が若い男の両腕を引っ張っている。そして、その脇では遊女とおぼしき女性がその様子を見ている。『心学早染艸』は目前屋理太郎という商家の息子が、悪魂によって放蕩したことから勘当され、盗賊にまで落ちるのだが、やがて善魂によって教化されるというストーリーである。
 この「善」「悪」の字の人物は魂を表していて、この絵を見る限りでは悪魂の方が勢力が強そうである。そしてこの善魂・悪魂がのちに「善玉」「悪玉」と呼ばれるようになる。『心学早染艸』では「善玉」「悪玉」ということばそのものは使われていないが、この小説によって「善玉」「悪玉」ということばが生まれたと考えられている。この絵がまさにその根拠とされるものなのである。
 「善玉」「悪玉」の「玉」は人の意味で、「善人」「悪人」と置き換えられる。これは人間の心に善悪の二つがあるとする心学の説による。心学は石門心学とも呼ばれ、江戸後期に石田梅巌(ばいがん)により唱(とな)えられ、庶民の間に広まった実践道徳の教義である。儒教を根本とし、神道・仏教を融合して平易に説いたものである。
 『心学早染艸』はそのタイトル通り、京伝が当時流行していた心学の教説を取り入れて書いた小説なのである。
 この「善玉」「悪玉」だが、とても面白い話を近世文学の棚橋正博氏にお聞きしたことがある。この「悪玉」が若者に受けてしまい、「悪」と書いた丸提灯をさおにくくりつけて高くかかげた少年たちが、夜な夜な街中を走りまわり、町奉行が禁止令を出したほどであったというのである。まるで暴走族である。
 今では、「善玉」「悪玉」は芝居や映画などでも使われるようになり、「善玉」は善人の役、「悪玉」は悪人の役を言う。また、「善玉」は良い作用を及ぼすものという意味で「善玉コルステロール」「善玉菌」などと言い、「悪玉」はその逆の意味で「悪玉コレステロール」「悪玉菌」などの形で使われるようになっている。
 今も生きていることばの根拠が江戸時代の小説の挿絵に求められるなんて、なんだか面白いではないか。



●「日本語、どうでしょう?」講演会、開催決定!
「“辛党”が好きなものは何?」「世間ずれは“ずれ”ているわけではない」「灯台もと暗しの“灯台”って何?」――神永さんがおかしな日本語を解説!

小学館神保町アカデミー
「日本語、どうでしょう?辞書編集者を悩ます“おかしな”日本語」

■日時:2019年6月6日(木)18:30~20:00
■場所:小学館集英社プロダクションSP神保町第3ビル
(東京都千代田区神田神保町2-18)
■受講料:3240円(税込)
くわしくはこちら→https://www.shopro.co.jp/koza/list/
申し込みはこちらから→https://fs224.formasp.jp/g383/form1/

キーワード:


 タイトルを見て、「桜狩り」なんてあまり聞いたことがないと思ったかたもいらっしゃるかもしれない。だが、「花見」よりも「桜狩り」の方が古くからあることばなのである。『日本国語大辞典(日国)』によれば、平安中期の物語『宇津保物語(うつほものがたり)』の例がある。
 「花見」の方はというと、やはり『日国』によれば、『平松家本平家物語』の例が最も古い。平松家というのは、安土桃山・江戸時代初期の公家・西洞院時慶(にしのとういんときよし)を遠祖とする家柄で、そこに伝わる『平家物語』は室町時代の書写本である。
 「花見」も「桜狩り」も、桜を観賞するという意味で使われ、『日国』で引用している文献の用例を見る限りでは、明治期くらいまではともに使われ続けたようである。だが、現在では「花見」が残って、「桜狩り」と言っている人はほとんどといってよいほどいなくなってしまったのではないか。
 ただ、その理由はよく分からない。かつての「桜狩り」は山地に生える桜を見に行くことであったが、後に里(さと)にも桜が植えられ、わざわざ山に行かなくても鑑賞できるようになったからであろうか。あるいは、「花見」には、桜の花の下で宴をはり遊興するという意味があり、やがてそれが桜を楽しむスタイルとして定着したためであろうか。
 「桜狩り」の「狩り」は、山野に行って、花などの美しさを観賞するという意味で、ほかに「紅葉(もみじ)狩り」などとも言う。また、山野に分け入って薬草やきのこなどを採ることも「狩り」と言い、「きのこ狩り」「薬狩り」などという語もある。
 面白いことに「桜狩り」という語は廃れてしまったのだが、「紅葉狩り」という語は現在でもしっかり残っている。「紅葉狩り」の場合は、紅葉の下で宴をはり遊興するということはほとんどなく、山野に分け入ることが多いので、本来の意味のまま使われ続けているのかもしれない。そして、紅葉の方にも古くは「紅葉見(もみじみ)」ということばもあった。「紅葉狩り」と同じ意味で、『日国』によれば、平安時代の『源氏物語』などかなり古い使用例がある。だが、「紅葉見」という語は現在では廃れてしまった。
 同じ意味のことばでも文化や習俗の実態に即しながらなのであろうが、栄枯盛衰があって面白い。

キーワード:


 「森羅万象」という語が話題になった。2019年2月6日の参議院予算委員会で、安倍晋三総理が「総理大臣なので森羅万象すべて担当している」と発言したことによる。「森羅万象」の意味は、『日本国語大辞典(日国)』によると「宇宙間に数限りなく存在するいっさいの物事」ということなので、ずいぶん大きく出ちゃったなという気がしないでもない。
 今回その「森羅万象」について書こうと思っているのだが、だからといってこのような発言をした安倍総理について、何か私見を述べたいと思っているわけではない。
 辞書編集者として、この語の意味のこれからについて考えるいい機会を与えてくれたと思っているだけである。というのも、安倍総理の発言が大きく取り上げられてしまったが、実は「森羅万象」は政治家が好んで使うことばだからなのだ。しかも、その意味は、辞書に載っている本来の意味とはかなり異なる。
 もちろん政治家が好んで使うからといって、「森羅万象」は政治用語ではない。ところが、このコラムでも何度も利用している「国会会議録検索システム」でこの語を検索してみると、全体で211件使われていることが分かる。
 同システムで利用可能な会議録は、第1回国会(1947年5月開会)以降のすべての本会議、委員会などで、会議録の号ごとに順次掲載されている。現時点では今年の安倍総理の発言までは掲載されていないため、いちばん新しい「森羅万象」は2018年2月2日のものである。もっともその発言者も安倍総理なのだが。
 政治家が好んで使っていると考えたのは、その211件のうち、1947~1969年の昭和のときが119件、平成になってからが92件と満遍なく使われているからである。しかも興味深いことが一つある。同システムでは、帝国議会の第1回~第92回(1889年11月~1947年3月)の会議録も別に検索できるようになっているのだが、「森羅万象」は1946、47年で各一回使われているだけなのである。少なくとも国会では、「森羅万象」は戦後使われ始め、政治家の間に伝染していったように見える。
 政治家が好んで使うことばは、例えば「是々非々」など他にもあるが、この「森羅万象」の何が政治家の心をつかんだのだろうか。
 さて、辞書編集者として気になるこのことばの意味のこれからのことである。「森羅万象」の確認できる最も古い例は『日国』によれば、曹洞(そうとう)宗の開祖道元が書いた仏教書『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』(1231〜53)で、仏教語としても使われていたと思われる。ただしその際には、「シンラバンショウ」ではなく、「万」「象」を仏教関係の用語の読みに用いることが多い呉音の「マン」と「ゾウ」と読んで、「シンラマンゾウ」と言っていた可能性が高いのだが。それはさておき、仏教語としても用いられていたように、「宇宙間に数限りなく存在するいっさいの物事」が本来の意味である。
 ところが、安倍総理の発言もそうなのだが、「森羅万象」の後に「すべて」と言い換えているところを見ると、「森羅万象」を「すべて」「ことごとく」といった意味でとらえている人がいるのかもしれない。国会での他の使用例も、多くがその意味で使っているように見受けられる。つまり、「森羅万象」に本来なかった新しい意味が生まれつつありそうなのだ。もちろん、本来の意味が薄められて使われることは、ことばにはよくあることなので、驚くには当たらない。辞書編集者としては粛々と観察し続けるしかない。ただ、「森羅万象」の新しい意味が国会に限らず一般に広まって、辞書にも載せなければならないということになったら、私自身は遺憾に思う気がするのである。

 

キーワード:


 2019年の大学センター試験で、古文の問題として出題された『玉水(たまみず)物語』が試験の当日から話題になった。その理由というのが面白く、センター試験で「百合物語」を出題するのかというのである。この「百合」ということばの意味は、辞書に載っていない。若者ことばで、女性の同性愛を意味するらしい。かくいう私もその意味を今回のことで初めて知った。
 『玉水物語』は室町時代に成立した御伽草子(おとぎぞうし)である。「御伽草子」とは室町時代から江戸初期にかけて作られた短編物語で、空想的・教訓的な内容で童話風の作品が多い。
 『玉水物語』も高柳(たかやなぎ)の宰相の美しい姫君を見そめた雄ギツネが姫君のおそばにいたいと思い、美少女に変じてある家に養われ、ついに望み通り姫に仕えるというストーリーである。「玉水」というのは姫に仕えたキツネが「玉水の前」と呼ばれたことによる。だが、やがて悲しくも切ない結末が訪れるのだが、ここではそれを詳しく述べることが目的ではない。結末をお知りになりたければ、京都大学図書館機構がインターネットでわかりやすいあらすじを公開しているので、そちらをお読みいただきたい。
 ではこの『玉水物語』の何を話題にしたかったのかというと、文中で使われているオノマトペについてなのである。オノマトペとは、ものの音や声などをまねた擬声語と事象の状態などをまねた擬態語のことだが、一般庶民を対象に書かれた御伽草子にはこれらのことばがけっこう多く使われている。
 センター試験の問題となったのはこの小説のほんの一部分だが、それでも「つくづくと座禅して」「さめざめとうち泣きて」「つやつやうちとくる気色もなく」「ぐちぐち申しければ」などが出てくる。中には現代語としても今でも使われているものもある。
 「つやつやうちとくる気色もなく」の部分は設問にもなっている。「この娘、つやつやうちとくる気色もなく、折々はうち泣きなどし給ふ」という文章について、娘はどのような思いからこのような態度を示したのか、という設問である。これは「つやつや」の意味が分からないと答えられないかもしれない。「つやつや」は古語の重要語で、ここでは下に打ち消しの表現を伴って、まるっきり、きれいさっぱり、まったく、少しもという意味で使われている。この娘(キツネが化けた娘)がまったく打ち解けるようすもなく、ときどきお泣きになる、という意味である。姫君にお仕えする前の、養家での娘の様子を描写した部分で、そのような態度をしているわけは、養母がもってきた縁談を喜ばず沈んだようすを見せれば、自分の願いを養母に伝えるきっかけが得られるだろうという期待からである。高柳の姫君に仕える手だてを練っている、娘(キツネ)のいちずな思いが伝わってくる場面といえる。
 また、「ぐちぐち申しければ」の「ぐちぐち」も面白い。現代語だと「ぐちぐちと文句を言う」の「ぐちぐち」である。ものの言い方が、つぶやくようでよく聞き取れないという意味である。
 この語が使われている場面は、娘が姫に仕えるようになってからのこと。五月半ばのある夜に、ほととぎすがやって来て飛び去っていったので、姫が、ホトトギスが遠く離れたところで鳴いているという意味の和歌の上の句を詠むと、娘が、深い思いと同じようなことで鳴いているのだろうと続けたのである。そしてすぐに娘は、「私の心のうち」とぼそぼそとつぶやくように申し上げたのだ。遠くで鳴くホトトギスの声に、届かぬ姫に対する自分の秘めた思いをなぞらえているのはいうまでも無い。うまい描写だと思う。
 それはさておき、『玉水物語』は古文とはいっても比較的読みやすい文章だと思う。こうした内容の古文をもっと若い人たちに読んでもらったら、古文が面白いと思う人も増えるかもしれない。大学入試の問題で使うだけではもったいない気がして、ついこのような文章を書いてしまった。

『悩ましい国語辞典』が文庫本に!
 「日本語、どうでしょう?」をベースにした本『悩ましい国語辞典』が文庫本になって登場!  「舌鼓は、したつづみ? したづつみ?」「“まじ”は江戸時代から使われていた!?」……など思いがけない形で時代とともに変化する編集者泣かせの日本語の不思議に迫る、蘊蓄満載のエッセイの数々を1冊にまとめた本。ぜひこの機会にお求めください。
『悩ましい国語辞典』は角川ソフィア文庫で2/23(土)発売!

キーワード:


  次へ>>