VOICE

喜多あおいさん リサーチャー
テレビを支える情報収集のプロフェッショナル

今は情報が溢れている時代です。ネット検索は誰でもできますが、誰もが正しい情報を得ているわけではありません。では、どうやったら上手に情報を調べることができるのでしょうか。リサーチャー・喜多あおいさんいわく、ポイントは「固有名詞」。そのココロは? 喜多さんにお話を伺う第2回目です。

なぜそこまで情報にこだわるのか?

喜多あおいきた   さん

1964年兵庫県生まれ。リサーチャー。株式会社ズノー執行役員。同社「辞書と事典の資料室」室長。同志社大学文学部卒業後、出版社、新聞社、作家秘書などを経て、1994年よりテレビ番組のリサーチャー。手がけた番組は『行列のできる法律相談所』『ガッテン!』『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』など多数。「放送ウーマン賞2014」を受賞。著書に『必要な情報を手に入れるプロのコツ』(祥伝社黄金文庫)『勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』(マイナビ新書)『プロフェッショナルの情報術』(祥伝社)。

取材・文/角山祥道 写真/五十嵐美弥

 「なぜそこまで情報を収集するのですか?」

 たまにこう聞かれることがあります。もちろん、リサーチャーという仕事だから、と言ってしまえばそれまでなのですが、私は、仕事如何にかかわらず、誰もがより多くの情報を収集・検討すべきだと思っています。なぜなら、情報を知らないということは、人生においての“機会損失”だと考えるからです。

 例えば香港へ旅行に行こうと計画したとします。羽田空港や成田空港から飛行機で約5時間と、それほど日本と離れていませんが、年に何度も遊びに行ける場所ではありません。もしかしたらその一回が最後の一回となるかもしれません。

 みなさんならどうやって情報を得るでしょうか。ガイドブック、ネット検索……といったところでしょうか。もちろん、それでも大まかな情報は手に入りますが、ガイドブックを頼りに旅行しても、観光地を一通りめぐるだけで終わってしまい、満足度は高くなりません。

 実は、最大の問題は、肝心なことが本人にもわかっていないということです。それはあなた自身の“目的意識”です。いったい自分は何に興味・関心を抱いているのか。わかっているようで、言語化されていないことが多いのです。

 まずは書店に出向きます(それが難しい場合はネット書店でもかまいません。私のオススメサイトは、「詳細検索」で「内容キーワード」での検索ができる紀伊國屋書店のウェブストアです)。そして香港関連の書籍を片っ端からチェックしていきます。中身を見るのではありません。タイトルだけを眺めていきます。きっと気になる“固有名詞”が引っかかってくることでしょう。この固有名詞をストックしていきます。

 特に気になる本は中身もチェックします(ネット書店の場合は目次をチェックするだけでもいいでしょう)。やはりここでも、ポイントは固有名詞です。

 ピックアップした固有名詞を眺めてください。これがあなたの興味・関心の一覧です。これによって、目的が顕在化されたのではないでしょうか。あとはその固有名詞を手がかりに調べていけば、きっとあなたが欲っしていた情報が見つかるはずです。

 もちろん、こうして吟味した本を購入して手元に置くのも、楽しみの一つです。

「固有名詞」が人生を豊かにする

 「固有名詞」は、ネット検索でも威力を発揮します。

 ネット検索でゴールにたどり着かないのは、検索語が曖昧だからです。例えば、「おいしい和食の店」を探すとしましょう。「和食」と入れただけでは、おいしい店を調べることはできません。結局、「食べログ」などの情報サイトに頼ることになります。

 私ならば、過去に行ったおいしい和食の店、行きたいと思っていた和食の店の名前を複数並べて検索します。並べた店名をすべて網羅したページがみつかったら、そこで紹介している、別のお店を見てみましょう。自分の好みにしっくりくるお店の発見があることでしょう。

 ネット検索する際は、「マルチウインドウ」が基本です。

 ブラウザをパソコン画面に2つ以上立ち上げます。その際、ブラウザも片方がGoogle Chromeならば、もう片方はFirefoxなど別のブラウザにします。ブラウザによって検索の癖があるからです。そして手元のiPhoneではジャパンナレッジ。大きな机に資料をたくさん広げるイメージで、常時2~3のブラウザで検索すると、効率もよく、機会損失を減らすことができます。

 情報は「知る」ことや「実用的」であることがすべてではありません。情報は“考えるきっかけ”でもあります。考えるきっかけ(=情報)があるからアイデアも湧くし、あなた自身の人生を充実させる機会も、きっと増えることでしょう。

(つづく)

2018-12-10

BOOK INFORMATION

必要な情報を手に入れるプロのコツ

『必要な情報を手に入れるプロのコツ』

喜多あおい 著

定価:690円(税別)

出版社:祥伝社

テレビの現場で培った「調べる」コツをリサーチャーの先駆者が解き明かす! 正しい情報を得るために役立つ一冊。


目次
プロローグ テレビ番組リサーチャーの仕事とは?
1章 脳内に「情報地図」を描く
集める前に「居場所」を作り、戦略を練る
2章 プロのネタ取りは五つのソースで!
書籍、新聞、雑誌、インターネット、対人取材で「網羅」→「分類」
3章 集めた資料を「情報」に変える
相手に伝わる「報告書」と、必勝「プレゼン」術
4章 仕事の質を上げる!情報に強くなる習慣術
あなたの情報力はたった一分の会話でわかる
エピローグ 情報は生きている

飯野勝則さん 佛教大学図書館専門員
日本のウェブスケールディスカバリーのパイオニア

丸島和洋さん 歴史学者
大河ドラマ『真田丸』の若き時代考証者

ニコリ パズル制作会社
とことん遊び尽くす、学び尽くすパズルカンパニー

米澤 誠さん 東北大学附属図書館員
学習支援のトップランナー

石川芳立さん 新潮社 校閲部
“校閲は著者のためにある”を体現する校閲者

東雅夫さん アンソロジスト
幻想文学の傑作を届ける水先案内人

ショウワノート 文具メーカー
学習帳業界のトップランナー

大橋崇行さん 東海学園大学准教授、作家
司書の世界(お仕事)を小説で伝える

喜多あおいさん リサーチャー
テレビを支える情報収集のプロフェッショナル