古典への招待

作品の時代背景から学会における位置づけなど、個々の作品についてさまざまな角度から校注・訳者が詳しく解説しています。

晩年の大伴家持

第9巻 萬葉集(4)より
その後の公人家持
天平宝字てんぴようほうじ六年(七六二)正月、大伴家持おおとものやかもち因幡守いなばのかみから信部大輔しんぶたゆうとなって帰京した。在任期間三年半というのは短いほうである。信部省は中務なかつかさ省の別名で、他の七省より格が上であり、その大輔(首席次官)となって、家持は少し面目を施す思いがしたのでなかろうか。しかも、その長官(きよう)は、家持より三歳年長で、これまで彼に好意的であった藤原真楯ふじわらのまたて八束やつか)である。だが、真楯は四年後に、正三位大納言だいなごん兼式部卿でこうじた。時に五十二歳、その死は朝廷の内外から惜しまれた。
 真楯は北家の出だが、その従兄で南家出身の藤原仲麻呂なかまろは、常々、真楯の徳望あついことをねたんでいた。反対勢力を次々にしりぞけ、権謀術数にたけた仲麻呂も、後ろ盾と頼む光明皇太后の崩御を境に失速し、謀反を起したが、近江おうみ国高島郡勝野かつのにおいて敗死した。彼が担ぎ出した淳仁天皇(舎人親王とねりのみこの子、大炊おおいのおおきみ)も配所の淡路あわじで怪死する。あたかも、七年前に家持が「咲く花はうつろふ時あり」(四四八四)とんだのが的中したような結果となったわけである。しかし、奈良朝末期の政界がそれで浄化したのではない。入れ代りに台頭した怪僧道鏡どうきようが法王となって実権を握った。その道鏡も、宝亀ほうき元年(七七〇)に彼を支えた称徳天皇(孝謙)が崩ずると失脚し、故志貴親王しきのみこの子、白壁王しらかべのおおきみが推されて皇位にく。光仁天皇がそれで、これまで天武天皇の系統が占めていた皇位が天智天皇の子孫の手に戻ったことになる。
 その間、家持はさまざまの官職を歴任するが、位階は黄金出現の年、天平勝宝しようほう元年(七四九)従五位上に進んだきり、二十一年間据え置かれていた。真楯またてがこの一階を二年半で通過したのに比べて、大変なスローペースである。その原因は、必ずしも仲麻呂なかまろらの、たちばな大伴おおとも氏を中心とする一派に対する抑圧とばかりも考えられない。とにかくその宝亀ほうき元年(七七〇)にやっと正五位下となり、翌二年に従四位下に叙せられて、遅過ぎた春が家持やかもちの上に訪れたのである。
 天応てんおう元年(七八一)四月、光仁天皇は皇太子山部親王やまべのみこに譲位、桓武かんむ天皇の代となり、早良親王さわらのみこが皇太子に立てられる。家持は右京大夫だいぶ兼東宮大夫正四位上となり、その年の冬十一月従三位に進んだ。三年後の延暦えんりやく三年(七八四)十一月、長岡京に遷都する。家持がこうじたのはその翌四年八月二十八日で、時に中納言ちゆうなごん従三位兼東宮大夫、陸奥按察使むつあぜち鎮守府将軍でもあった。年六十八歳。死後二十余日、そのしかばねが葬られないうちに、藤原ふじわらの種継たねつぐ暗殺事件が起り、その主謀者大伴継人・竹良らに連なるという縁で除名された。皇太子(東宮)側の人でもあり、不利な立場であった。ただし、翌年復位する。
万葉集の欠落あれこれ
家持が天平宝字てんぴようほうじ三年(七五九)に万葉集最後の歌をんで以後、延暦四年まで二十六年間に歌を作らなかったとは考えられない。ただ、百人一首にも入れられている、
かささぎのわたせる橋におく霜の白きを見れば夜ぞけにける
は、『家持集』という家持と無縁な歌集の中にあるが、家持の実作とは認められない。しかし、それと関係なく、万葉集の自作歌ないし周辺の人々の歌を、折に触れて、直したり、また削ったりしたのでないかと思われる。
 即ち、十代の若書きの自作を、後年に至って、未熟と反省して削ったとおぼしい証拠がある。たとえば、巻第四・相聞そうもん・五八一の題詞。原文で示せば、
大伴坂上家之大娘報贈大伴宿祢家持歌四首(おほともの坂上家さかのうへのいへ大嬢だいぢやう大伴宿禰家持おほとものすくねやかもちこたおくる歌四首)
とあって、その中に「報贈」と見えることから推して、この前に家持からの贈歌何首かがあったと考えられる。それを後年、稚拙と認めて削ったに違いない。時には、後に家持と結婚する坂上大嬢の歌を、当人の要求によってか、削除することもある。大嬢の母、さか上郎のうえのいらつめ跡見とみの荘園から奈良の留守宅の娘に贈った歌(七二三・七二四)のあとに、
右歌、報賜大嬢進歌也(右の歌は、大嬢がたてまつる歌にこたへ賜ふ)
とあるのがそれである。同じようなことが、六二七の前の佐伯さえきの赤麻呂あかまろ、七六九の前の紀女郎きのいらつめ、七八六の前の藤原久須麻呂ふじわらのくすまろの歌についても言えよう。これらは皆、家持周辺の人と考えられ、削らないと不名誉だとか、あまりに個人的な関係が表面化するとかの考慮から、関係者であり、編纂へんさん者でもある家持の裁量で除いたと考えられる。
 以上挙げたところは、巻第十六以前の諸巻における削除であり、あるいは越中えつちゆう滞在中などの宝字三年以前の手入れと考えることもできよう。しかし、巻第十七以降の四巻の上に同じようなことがあれば、宝字三年より後の削除の可能性が高かろう。ただ、この四巻中の件数は二つで、共に書写段階に至って誤脱したとも考えられないところがある。その一つは巻第十八・四一三一の左注の、
右歌之返報歌者、脱漏不探求也(右の歌の返報歌は、脱漏だつろうし探り求むること得ず)
である。これは、もと越中国じようで、その後、越前えちぜん国掾にうつった大伴池主いけぬしが書いた、訴状紛いの戯文と戯歌(四一二八~四一三一)に対する、家持からの返信が散逸して見つからない、という断り書である。対池主に限らないが、家持の元に届いた書翰しよかんや歌が残るのは当然として、家持から出した書状類は、控えを取っていたのか、あるいはあとで返却してもらったものか、他のはほとんどすべて残っている。残っていないのは、これと巻第五の八六四の前の、大伴旅人たびとが都の吉田よしだのよろしに梅花歌三十二首と「松浦まつらがはに遊ぶ序」とを贈るのに添えた書翰しよかんである。その実作者は山上やまのうえ憶良のおくらかもしれないが、それはこの際、問う所でない。その中身をよろしの返信の中から一部復原すると、
……辺城へんじやう羈旅きりよし、古旧こきうおもひて志をいたましめ、年矢ねんしとどまらず、平生へいぜいおもひてなみたを落とす……
というような泣き言を吐露してあったのだ、ということが分る。それから類推して、家持やかもち池主いけぬしの悪ふざけに対して、多少感情的なことを言い贈り、後に気がとがめて、散逸したと見せかけた可能性が大きいのでないか。その削除の時期を特定できないが、たちばな奈良麻呂のならまろの変の主謀者の一人として逮捕された池主が、多分、刑死したと思われる、それ以後かと想像される。
 もう一つの「散逸」は、家持が越中えつちゆうのかみを辞して上道する時に、下僚を代表して次官の内蔵くらの縄麻呂なわまろんだ「さかづきささぐる歌」(四二五一題詞)である。家持の失念でない、と言い切れないが、あるいは、じよう久米広縄くめのひろつななどに比べて多少、歌に不堪ふかんであったとも考えられる縄麻呂の歌の拙劣さをカバーしての工作ではないか。
後日推敲して差し替え
削除のほかに、差し替えたと思われるものが、古写本の上に残ることがある。これも家持関係に限られるようである。即ち、家持から池主に贈られた書翰類に限って見られ、池主から家持への返信には絶えてその事がない。巻第十七の(A)三九六二・(B)三九六九・(C)三九七六の各歌の前文がそれであるが、今はその最後の(C)だけ取り上げよう。右図に示したものは紀州本(部分)で、次にそれの書き下し文を示す。上に示した記号(X)・(Y)・(Z)は大体の段落を示す。
(X)昨暮ざくもの来使は、むがしくも晩春遊覧の詩を垂れたまひ、今朝の累信るいしんは、かたじけなくも相招望野さうせうばうやの歌をたまふ。一たび玉藻ぎよくさうるに、やくや鬱結うつけつのぞき、二たび秀句しうくうたふに、すで愁緒しうしよのぞきつ。この眺翫てうぐわんあらずは、たれく心をべむ。但惟ただし下僕われ稟性彫ひんせいゑり難く、闇神瑩あんしんみがくことし。かんがうくたし、げんむかひてかわくことを忘れ、終日目流もくるして、これを綴るにあたはず。所謂いはゆる文章は天骨にして、これを習ふに得ず。
(Y)あに字を探り韻をしるさむに、雅篇がへん叶和けふわするにへめや。抑鄙里はたひり少児せうにに聞くに、古人はげんむくいずといふことなしといへり。いささかに拙詠せつえいつくり、つつしみて解咲かいせうあてはからくのみ。
(Z)如今いまし言をし韻を勒し、この雅作がさくの篇にどうず。あに石をちてたままじへ、こゑに唱へしらべに遊ぶに殊ならめや。はた小児のみだりなるうたごとし。敬みて葉端えふたんに写し、もちて乱に擬りていはく、
 これを書いたのは天平てんぴよう十九年(七四七)三月五日だが、その二日前にも家持は(B)を池主に書き贈っている。この(Z)部は、大部分の仙覚せんがく本(寛元かんげん本・文永ぶんえい本とも)が小字二行割書きにしており、広瀬本も不徹底ながらそれに近い書式になっている。ところが、元暦校本にはこの(Z)部がない。(Z)部は(Y)部の別案、と言うより初案であり、池主へ贈ったのは(X)+(Z)の形であったろう。それが(X)+(Y)+(Z)と並ぶ本は(Z)の消し忘れである。しかも、注目すべきことに、(Z)の中にある「石を将ちて瓊に間へ」の句は、二日前の(B)の終り近くにも見える。恐らく編纂へんさん段階で捨てるに忍びず、そちらに移したのである。推敲すいこうした揚句の差し替えであろう。
 歌詞の差し替えも少ないながらある。その一つは、巻第十九の初めのほう、天平勝宝しようほう二年(七五〇)三月三日、家持のやかた飲宴いんえんした時の彼の作、ここは第五句だけ原文で示せば、次の如くである。
漢人からひといかだ浮べて遊ぶといふ今日けふ背子せこはなかづら世余せよ(四一五三)
 広瀬本と仙覚寛元本とにはかくあり、元暦げんりやく校本も「余」であるらしい。しかし、類聚古集るいじゆこしゆうと底本など文永本系の諸本には「世奈」とあり、旧全集本はそれを採った。しかし、家持やかもちが下僚に呼び掛けた歌には「いざかな」(三九五四)とも「馬しましめ」(四二〇六)ともあり、ナを用いた勧誘も、命令表現そのものもあるが、対象たる「我が背子」の語があれば、「せよ」のほうがふさわしかろう。もっとも、これには「奈」と「余」とが字形の上で相近く、誤写の可能性がなくもない。
 それに比べると、巻第二十の長歌「防人さきもり悲別ひべつこころぶる歌」(四四〇八)の中の三分の一辺り、
……ちちのの ちちみことは たくづのの しらひげのうへゆ なみだり 嘆きのたばく 鹿子かこじもの ただひとりして 朝戸出あさとでの かなしきが子 あらたまの 年の長く 相見あひみずは こひしくあるべし 今日けふだにも ことひせむと しみつつ 可奈之備麻世婆かなしびませば 若草の つまも子どもも……
 この「可奈之備麻世婆」の部分にもう一つの異文がある。このマセバと同じなのは、底本などの仙覚文永せんがくぶんえい本の系統と広瀬本および多少不確実な点はあるが元暦げんりやく校本である。ところが、神宮文庫本などの寛元かんげん本とその末流に属する寛永かんえい版本などには「可奈之備伊麻世」とあり、類聚古集るいじゆこしゆうもその側に付くと思われる。このイマセはいわゆる已然形で言い放つ法で、上代語に珍しくない語法だが、それは概して原因・理由を表す。家持も「帰りて しはぶれぐれ」(四〇一一)、「くがねありと まうしたまへれ」(四〇九四)その他、三九六九・四一一一・四一二一などに用い、いずれも理由格を表している。家持はこのやや古風な確定条件の使用を好んでいたのでないかと思われる。しかし、右の場合は理由格では続かず、並立する複数の事柄の同時進行であり、イマセでは不適当だ、と家持は後に気づいたのでないか。その気づき・修整の時期の割出しは困難だが、あるいは天平宝字てんぴようほうじ三年(七五九)より後れるのではなかろうか。
 家持がその晩年というべき時期にこのような手直しをしたのでないかと推測するわけは、原本が単一でなく、少しずつだが変化し、そのつど派生した結果、今日の多様な異文が生れた、と考えるからである。
※なお、表示の都合上、書籍と異なる表記(白傍点を斜体字に変更)を用いた箇所があります。ご了承ください。
前へ | 次へ
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

タイトル一覧